2009年10月27日

デヴィルズ&ザ・ダスト(日本語字幕)ブルース・スプリングスティーン

なんと、いい曲なんだろう!!

まず、世の中の風潮などメッセージソングには、
下手をすると、偽善的な、分かったような、
独善的な感じになりかねないところ、

ブルースは、よく分かっていて、

だからこそ、ずっと
心に響いたこと、
心を伝える、
心を大事にしている、

そこが、自分にはビンビン伝わってくる、

そうそう、すべて分かったような気になって
曲を作っているわけではない!!

あくまで、個人としての見解を大切にしてきている!!

分かる分かる、その気持ち!!




人間、ほとんどの場合、真剣であれば真剣なほど
分かって過ちを犯す人なんていない、

極限のシチュエーションになれば、なおさら、

いや、僕は、日本の過ち!?
日本の侵した戦争に対して、
世界ではいろいろたたかれますが、
アジアでは特に、

これ同じでしょ?!

日本だって、邪な気持ちで、
殺人がしたくて戦争し始めたわけではないわけで、


いずれにしろ、どういうことであろうと、
個々は、決して邪な気持ちで、
取り組んでいるはずがない!!


それを、あーだ、こーだと!!
本当は、分かっているのにね


恐怖は、人を変える。
時には、守るべきものですらさえ
分からなくなってしまい、

結果矛盾めいた結末を生む、
その時その時は、
人間まっすぐに取り組んできたはずなのに・・・・

しかし、どうであれ、
まっすぐ取り組んできた!!

自分に誇りたい!
言い訳でなくて、

いつの時代も個人の心の部分で訴えることは、
心の叫び、必死に取り組むこと、
それは、それで貴重なものなんだなー、
意味があるんだと確信しました。

いつの時代も、このことは普遍なんだなろうなーと

思うのでした、はい

■U.S. T-Shirt【10/26AM10:00〜10/29AM10:00全品ポイント10倍】ブルーススプリングスティーンロ...


■グレイテスト・ヒッツ


■1982年 BRUCE SPRINGSTEEN 七部袖 バンドTシャツ USA製 Lサイズ 白×黒色 ブルーススプ...


応援
クリックよろしくですー☆




TOPページはこちら



参考:
U2のボノ氏が擁護、オバマ大統領ノーベル賞は「世界の訴え」



参考:
オバマ アメリカ合衆国大統領 注目の動画ブログ



参考:
あきの注目 政治経済ニュース 情報発信ブログ





posted by あき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デヴィルズ&ザ・ダスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。